25℃のCってなに?

f:id:mixtrivia:20200121215806j:plain


 

こんにちは。ライターのエポニムです。

さて、みなさんは「25℃」という表記を見たとき、なんと読むでしょうか。おそらく多くの人が「にじゅうごど」と読むのではないかとおもいます。

しかし、普段私たちは「25°」も同じく「にじゅうごど」と読みます。では ° の後に付いている「C」にはどんな意味・役割があるのでしょうか。

 

Cは考案者の名前から

まず、「℃」という記号は「セルシウス度」を表すために用いられます。セルシウス度とは別名「摂氏度」とも呼ばれ、温度を表す単位のうちの一つです。

そして、この単位を考案したのはスウェーデンの天文学者のアンデルス・セルシウス(Anders Celcius)という人物で、セルシウス度という名称とCの文字はその名前から来ています。

 

他の単位と区別するため

次にCの役割についてですが、このCはほかの温度単位とセルシウス度を区別するはたらきをもっています。

これはどういうことかというと、ここではそれぞれの細かい説明は省きますが、温度を表す単位は絶対温度(K)華氏度(℉)などセルシウス度(℃)以外にもたくさんあり、その温度がセルシウス度によってあらわされた数値であることを明確に示すための手段として °の後にCが付けられています。

 

おわりに

ちなみに、アメリカなど一部の国ではセルシウス度(℃)ではなく華氏度(℉)で気温を表すことが一般的となっているため、それらの国に行った際にはテレビの天気予報などを注意して見てみるとおもしろいかもしれません。

¥Fllow Me /
MixTrivia