IH調理器ってどのようにものを温めているの?

f:id:mixtrivia:20200318165343j:plain

こんにちは。ライターのエポニムです。

 

近年では、家庭のキッチンでガスコンロではなくIHのコンロを見かけることが多くなりました。

 

みなさんはこのIH調理器がどのようにものを温めているのかご存じですか?

 

ガスコンロであれば火で温めているということがひと目でわかりますが、IHではそうもいきません。ではIH調理器では火を使わずにどのようにものを温めているのでしょうか。

電気抵抗による熱を利用

そもそも、IHとは Induction Heating の略で、日本語では「誘導加熱」と訳されます。

 

そして、IH調理器ではその名のとおり電磁誘導の仕組みを利用することによってものを温めています。

 

詳しく説明すると、IH調理器の中にはうず巻き状のコイルが入っていて、そこに高周波の電流を流すとコイルの周辺に磁力線ができます。その後、発生した磁力線が金属の鍋を通過すると、鍋の内部に「渦(うず)電流」という電流が発生します。

 

すると、渦電流に対して鍋底の金属が抵抗となり鍋の表面が発熱するので、結果として鍋の中身を温めることができるのです。

 

つまり簡単に言うと、IH調理器では「電磁誘導による電流が鍋の抵抗で発熱する」という仕組みを利用することで加熱調理を行っています。

おわりに

いざ言われると自信がないIHの仕組みについてこの記事で理解できたでしょうか。

 

ものを温めるのに火を使わないというのは一見すると不思議ですが、仕組みを理解すると意外と単純なんだなと思いました。

¥Follow Me /
MixTrivia