MixTrivia

いろんな豆知識の集合場所。

皮肉のきいたブラックジョーク20選 Part18

ブラックジョーク集

総理大臣「君に頼みたいことがある。年を取ると同じ話を繰り返すというが、誰も注意してくれない。君だけは私が同じことを言ったら注意してくれないか。」

側近「総理、そのご要請は今日4回目です。」

 

 

天国に行ける女は全体の3割までだ。それ以上行くと天国は地獄になる。

 

 

1つの会話の中に1つの嘘を盛り込むことができる人を「ウソツキ」と言います。

1つの会話の中に5つの嘘を盛り込むことができる人を「詐欺師」と言います。

1つの会話の中に10もの嘘を盛り込むことができる人を「政治家」と言います。

 

 

子供「ママ、どうしてみんな車のクラクションを鳴らしているの?」

母親「結婚式をやっているからよ」

子供「でも普通、クラクションって警告のために鳴らすんでしょ?」

母親「だからよ」

 

 

ソ連人「わが祖国は世界最大の技術力を持っている。時計は速く動いて、コンピュータは世界一の大きさを誇るからな。」

 

 

夫「今度の週末、お互いにいいものにしようよ」

妻「素敵なアイディアね」

夫「じゃ、良い週末を」

 

 

日本の駅にて

日本人「どうしました?」

外国人「ああ、男性専用車両が見当たらないんだ。」

 

 

A「君たち夫婦ってとてもうまく行っているね。夫婦円満の秘訣があったら教えてくれないか?」

B「いいとも。僕らは週2回レストランに行くんだ。ロマンチックなキャンドルライト、静かな音楽、美味しい食事とワイン。仕上げはダンスだ。妻が行くのが火曜日で、僕は木曜日だ。」

 

 

予言者「ロシアから核兵器をなくす方法があります。」

アメリカ大統領「ぜひ教えてもらいたい。」

予言者「まずあなたが撃つんです。」

 

 

A「私の息子は完璧な子です。」

B「タバコは?」

A「吸いません!」

B「酒は?」

A「飲みません!」

B「帰宅が遅くなったことは?」

A「ありません!」

B「素晴らしい。息子さんはいくつだい?」

A「来週で6ヵ月になります。」

 

 

中国人「私たちは誠実だ。」

イギリス人「本気でそう思っているのか?」

中国人「少なくともあなたたちよりは。」

 

 

妻「今日のディナー、お味の方はどうだった?」

夫「喧嘩の理由を探しているのかい?」

 

 

ソ連にて

子供「共産主義ってどんな国?」

親「素晴らしい国だよ。」

子供「僕も共産主義国に行きたい。」

 

 

花子さんの家に隣に住む男性が駆け込んできて来て叫んだ。

「お宅の犬がうちの女房の母親を噛んだぞ」

驚いた花子さんは隣人に謝罪した。

隣人は声をひそめて言った。

「そうじゃねえんだ。お宅の犬、譲ってくれないか?」

 

 

ボンッ!

A「わっ、いきなりスマホが爆発した!」

B「中国製だからね。」

チッチッチッ

A「わっ、時限爆弾だ!爆発するっ……ってあれ?何も起こらない…」

B「中国製だからね。」

 

 

大きなネコがやってきてネズミの一家を脅かした。

お父さんネズミは外に飛び出して大声で叫んだ。“ワンワン”。

ネコは一目散に逃げだした。驚いた子ネズミがお父さんネズミに尋ねた。

「今のはなあに?」 

「息子よ。いつも言っているだろう。外国語を学べと」

 

 

A「ここの占い師はいつも行列ができているんだよ。」

B「へえ、そんなに腕がいいのかい?」

A「いや胸がデカいんだ。」

 

 

中曽根康弘元総理が亡くなられた際、

A「今頃サッチャーとレーガンと一緒に地獄を民営化してる。」

 

 

妻「隣の家に泥棒が入ったらしいわよ。」

夫「誰から聞いたの?」

妻「隣の家の人よ。足跡があったって。」

夫「次からは気をつけるよ。」

 

 

日本人「デスノートってすごくよくできたマンガですよね!」

ロシア人「ああ!その通りだ!よくできた風刺漫画だと思うぞ!」

他のブラックジョークはこちらから↓

www.mixtrivia.com

  プライバシーポリシー