生ビールってなにが「生」なの?

f:id:mixtrivia:20200610152015j:plain

こんにちは。ライターのエポニムです。

 

みなさんは生ビールの「」がなんのことを指しているのかご存じですか?

 

居酒屋などでは「生ひとつ!」といった具合で当たり前のように使われている言葉ですが、この「生」というのは具体的にはなにを表しているのでしょうか。

熱処理をしていないという意味

まず、缶ビールなどではないお店で出てくるビールのことを生ビールだと思っている人がいますが、実際はそうではありません。

 

国によって定義が違いますが、日本において生ビールとは、作る過程で熱を加えていないビール全般のことを表しています。

 

かなり簡略化して説明すると、ビールは麦汁を酵母によって発酵させることで作られます。昔は酵母のはたらきをコントロールすることができなかったため、ビールができあがったら酵母のはたらきを止めるために熱を加えてから出荷していました。

 

しかし、現在は酵母を100%取り除くことのできるフィルターが開発されたため、ほとんどのビールが熱を加えずに「生ビール」として出荷できるようになりました。

 

そのため、いま日本で市場に出回っているビールのほとんどが「生ビール」となっています。

生じゃないビールも少しだけ流通

日本の市場にあるビールはほとんどが生ビールであると紹介しましたが、実は生じゃないビールも少ないですが流通しています。

 

代表的なものとして「キリンクラシックラガー」「アサヒスタウト」「サッポロラガー」などがあり、海外のビールまで含めると、ベルギービールなども熱処理をしてから出荷されています。

 

しかし、やはりその数・種類は生ビールと比べると圧倒的に少なく、日本ではマイナーな部類となっています。

おわりに

日本には実は生じゃないビールも存在する、というのは意外だったのではないでしょうか。

 

もし機会があったら、生ビールと熱処理ビールを飲み比べてみると面白いかもしれません。

 

参考文献

生ビールとは、どういうビールですか?|よくあるご質問・Q&A|お客様相談室|キリン

「生ビール」とはどういう意味ですか? サントリーお客様センター

¥Follow Me /
MixTrivia