イカスミパスタはあるのになんでタコスミパスタはないの?

f:id:mixtrivia:20200514172608j:plain

こんにちは。ライターのエポニムです。

 

みなさんはイカスミパスタを食べたことはありますか?

 

イカスミパスタは独特の生臭さと見た目の強烈さが相まって、好き嫌いがはっきりと分かれる食べ物のひとつです。

 

そして、イカと同じように墨を吐く生き物としてタコが知られていますが、それを使ったタコスミパスタというのはなぜか聞いたことがありません。

 

どちらも同じように墨を吐く生き物であるにもかかわらず、なぜイカスミパスタはあってタコスミパスタはないのでしょうか。

タコスミはコストがかかりすぎる

タコスミパスタが存在しない唯一にして最大の理由がそのコストの高さにあります。

 

まずお金の面ですが、イカスミパスタは1匹のイカから1人前分が作れるのに対し、タコスミパスタは1人前作ろうと思うと10匹のタコが必要になるため、とても費用がかさみます。

 

次に手間の面ですが、イカは墨を取り出すのに1匹当たり30秒ほどで済むのに対し、タコは1匹当たり30分もかかってしまいます。タコスミパスタ1人前には10匹分の墨が必要なので、それだけで5時間もかかってしまいます。

 

これらをまとめると、タコは1人前のパスタを作るのに必要な数がイカの10倍で、なおかつかかる時間も数百倍であるために、タコスミパスタはあまり作られないということです。

おわりに

ほぼ同じようなものだと思っていたイカとタコの墨にここまでの違いがあるというのには正直驚きました。

 

まだイカスミパスタを食べたことがないという方は、この機会に食わず嫌いせずに挑戦してみてはいかがでしょうか。

¥Follow Me /
MixTrivia